top of page
検索
  • 執筆者の写真気学講師 中嶋慧衣

さびしい気持ちを消化する






男の子の健やかな成長を願う端午の節句



健やかであるためには、手放すことも必要…

と気学では説きます。


そこで、はっ!気づく


親の想いでいろいろ貼り付けた価値観を

これから彼はどんどん脱ぎ捨てていく

それで本当の自分の人生を歩き出す


そういうフェーズに入ったのだな



2024年 端午の節句は


彼の脱皮の様子を楽しむ日

自分のちょっぴりすがりたくなる気持ちを

整理整頓する日



また気学に教えられた…(^^)/






3才までにこどもは一生の親孝行を

全部終えているものだ…

そんなことを聞いたことがあります


確かに…!

屈託ない笑顔を1年365日…

それを3年もわたしはもらったのだから

もう充分だね(←未練がましい…)


こうしてわたしは

淋しい気持ちを消化する

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page