• 気学講師 中嶋慧衣

陰と陽どっちがいい?裏道ばんざい鎌倉ビール~仮吉方 鎌倉物語その⑮


こんにちは 気学講師 中嶋慧衣です。


都内とくらべて1~2度、気温が低い鎌倉、

日陰にはいると、抜ける風がなんとも涼やかで、ついつい裏道を選んでしまう。



感謝感激のこの陰の濃さ!


陰と陽でつくられる気学の世界


陰気と陽気だと、なんとなく陽気に軍配があがるように、

陰にはちょっと偏見を持ちがち


でもこの日陰もお日様がないとできないし、陰と陽、光と陰はニコイチなのですよね。


日陰を求めて裏道を選んでいくと、新発見することがあったり、 はたまた行き止まりだったり…

やはり日陰の裏道@一白水星 のかかえる魅力は底知れない。


先日は裏道をさまよっていたら、いい出会いをした!というお話しを。

名付けて「 一白水星 裏道物語 」


あれは、裏道を選びすぎて、ちょっと迷子状態の時のこと…

グーグルマップに「鎌倉ビール醸造所」の文字を発見!

えっ?鎌倉ビール…出来立て?試飲?限定セット?

などなど、妄想が頭をかけめぐる。


もう行くしかない!「ビール♡ ビール♡」


…数分後ついたのは…えっ?ここ?

決して立派ではない、いえ、どちらかというとかなり素朴感満載(婉曲表現)の建物…

建物というか小屋?

まさか、ここで?

と覗くと、大きな樽をなんかかき混ぜている人いるし・・・

やっぱりここでビールつくっているの?

怪しい…。


ちらちら中を窺う私の方が怪しかったのかも…

中からおじ様がでてきて、どうされましたか?と声をかけられる。

完全に不審者だよね、私。


「 あの~こちらで鎌倉ビール、地方発送とかできないんですか?」

(本当は出来立て試飲したかった…んだけどそうとは言えず、苦しまぎれ…)


そうするとおじさま丁寧に

昔は出来立てを飲んでもらったりしてたのだけれど


(なんで~私の心、完全に読まれている…)


今はやっていないこと、

どこで買うのがいいのか、

などなど、とっても親切に教えてくれた。


近所の酒屋さんに鎌倉ビールの青いのぼりがはためいているのに、

「今日は入荷していないんだよ」と言われるのも仕方ない。

こんな手作りだと生産おいつかないよ。

the クラフトビール!


ところで、あの親切なおじさま、どなただったんだろう。

後でネットでみると、ちょっと社長さんのお顔と似ていたような、違うような…


いいなあ、こんな丁寧なモノづくり!

鎌倉ラバーズ度数がまたまた上がり、

後日、紀伊国屋までいってビールをゲット。



ビール 苦味  @九紫火星 

発泡 しゅわしゅわ @三碧木星  

地ビール その土地のもの @二黒土星 


以上「 一白水星 裏道物語~鎌倉ビール編 」でした。

閲覧数:7回0件のコメント